So-net無料ブログ作成

小保方 竹市 圧力 かけたでしょ? [STAP細胞]

スポンサードリンク





<若山さんの記者会見を止めていたのはT先生?>


小保方さんのSTAP細胞の遺伝子解析結果の結果

彼女がSTAP細胞だと言って持ってきた万能細胞が、

このマウスから作るようにと若山教授が渡したマウスの遺伝子と全く違うものであることが分かったという事実。


これ、若山教授は早くに記者会見すると言っていた。

でも、なかなか記者会見が開かれなかった。


なんでかというと、そんなの発表するなと、あるお偉いお方が圧力をかけていたからだという噂。



<遠藤高帆さんの遺伝子解析結果の発表を止めていたのもT先生?>

一方、早くからNATUREに掲載された遺伝子情報を解析していたのが遠藤高帆上級研究員

横浜理研で解析して、その結果、小保方さんの提出したDNAが

ES細胞とTS細胞の混ぜものであることや、

生きているマウスの存在しない8トリソミーという染色体異常であること

これを理研の上層部に報告したところ、野依理事長をはじめ、お偉い先生方から、発表するなと圧力がかかっていたという話。


これ、なんでわかったかというと、理研改革委員会が遠藤氏を招聘して確認したから。

ちなみに、理研幹部は遠藤氏を改革委員会に面談させるのを拒んでいた。

理由は知らないけど、あるお方の強い意向だったらしい。



==引用==

<STAP論文問題>竹市センター長 調査報告の一部削除

毎日新聞 7月8日(火)7時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140708-00000012-mai-sctch

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長=東京都港区で2014年6月12日、山本晋撮影

 STAP細胞論文問題で、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)の竹市雅俊センター長が今年4月、理研改革委員会(解散)にCDBの内部調査結果を報告した際、「信頼性がないと私が判断した(職員らの)発言や資料は削除した」と述べていたことが分かった。改革委の元委員によると、削除された発言内容などは不明だが、センター長の姿勢が問題視され、センターをいったん解体すべきだという厳しい提言(6月12日)につながったという。

【「ヒロイン」膨らむ虚像 紹介教授の権威を支えに】

 竹市センター長によると、論文不正の調査が行われていた今年3月半ばから竹市センター長らCDB幹部が自己点検チームを作り、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダーの採用の経緯などの調査を始めた。調査内容を検証してもらう目的で、竹市センター長が4月8日、外部識者4人らによる「自己点検検証委員会」を設置した。検証委は、自己点検チームが収集、整理した資料をもとにチームと討議しながら報告書を作成した。

 改革委は6月10日、検証委の報告書を受け取り理研改革の提言をまとめた。改革委の元委員によると、4月30日、竹市センター長が改革委に初出席し、作成中の検証委報告書について説明。この際、「関係者の発言であっても推測は消すべきだ。私が整理して危ないと思うところは全部デリーション(削除)した」と述べた。委員から異論が出たが、竹市センター長は姿勢を変えなかったという。

 竹市センター長は毎日新聞の取材に発言を認め、「私が報告書を手直しすべきではないとの認識はあったが、正確さを第一として私の判断で削除した。後から検証委の外部委員に説明し、再調査してもらった部分もある」と説明した。

 一方で竹市センター長は証言の一部が伏せられたままになっていることを認めた。改革委の委員だった竹岡八重子弁護士は「自己点検チームが集めた発言や資料がセンター長の独自の判断で削除され、何が集められたか今も明らかになっていないのは問題だ」と話している。【根本毅】

==引用==


<理研発生再生センターは腐ってたんだね>

6月12日の理研改革委員会の発表

非常に理路整然としてわかりやすかったけど、理研発生再生センターの解体にまで言及したのには驚いた。

それって、STAP細胞研究に関わっていないチームの研究までストップしてしまうことになる。

第一線で鎬を削る研究者にとって、一年ほど続くかもしれない再編成の期間はずっと、研究できないということはとんでもないマイナスだ。


でも、竹市センター長がこんなにひどいことをしでかしていたというのなら仕方ないかなと思う。

この人には一般人としての常識・道徳観が欠落しているように思える。


好ましくない調書は削除しました、だと?

そしてそれを言って平然としている。

それどころか、小保方さんを引き入れて、自分たちが処分されることをうやむやにしようとたくらんでいる。


そのようにしか見えない。


そして、最大の問題は、竹市センター長自身が、自分のとった行動がどれほど世間一般の人から訝しく奇異で許しがたい行動として見えるのかということに全く思い当っている風がないということ。

浮世離れしたアカデミアの中で祭り上げられていて、現実世界があまりにもわからないんだろうな。


学者肌と言えば聞こえはいいが、

ただの世間知らず

ただもうそれだけだったな。


優秀な科学者なのに、残念な限りだ。。。






スポンサードリンク






nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 2

読んでます

よくぞ言って下さった。
偉い科学者のことを誹謗できないと遠慮してきました。
学問の世界で偉くても、運営力は無いということですね。
by 読んでます (2014-07-09 21:35) 

yoppai

読んでますさん

ありがとうございます。

学問的にはとてもとても偉い先生なだけに、みんなで遠慮してますけど、

この新聞報道が真実だとすると、社会人としては偉くない先生のように思えますね
by yoppai (2014-07-15 21:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。