So-net無料ブログ作成
検索選択

慢性硬膜下血腫 原因 ヘビメタ [日常雑記]

スポンサードリンク





<笑っちゃ悪いけど笑い転げた>

慢性硬膜下血腫って聞いたことあると思います。

脳を覆う硬膜という膜と脳の間で、血管が切れて出血しちゃう病気ですね。


40代から60代くらいの中高年の方が転倒したりして血管切れちゃうのね。

切れた血管が小さいと、徐々に徐々に出血してそれが次第に大きな血腫になって脳を圧迫するからいろんな症状が出てきます。

まあ、いろんな原因があるし、わからないこともあるけど、これは珍しい。


==引用==

ロックコンサート、頭ふりすぎ脳内出血 ドイツの男性

朝日新聞デジタル 7月9日(水)11時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140709-00000025-asahi-musi

 ロックバンドのコンサートで頭を激しく振ったドイツの男性(50)が、硬膜下血腫と診断されていたことがわかった。音楽に合わせて頭を振る動作が原因の診断例は初めてという。ドイツのハノーファー医大が、英医学誌ランセット(電子版)に発表した。

 論文によると、男性は英国のヘビーメタルバンド「モーターヘッド」のコンサートに参加。約2週間後から頭痛がひどくなり、2013年1月にハノーファー医大を受診。CT検査で頭部右側に硬膜下血腫が確認された。手術で血腫を取り除き、約2カ月後に回復した。

 硬膜下血腫は、頭部をぶつけたときなどに脳内で出血して起きることが多いが、男性は頭部をぶつけておらず、コンサートで音楽に合わせて頭を激しく振り続けたことで、脳を覆う膜と脳の間で出血したとみられる。この動作によるけがは、むち打ちや首の骨の損傷などが報告されているが、硬膜下血腫は初めてという。

 モーターヘッドは、激しいリズムが特徴のヘビーメタルを代表するロックバンド。スピードが速い曲は、毎分200拍に達するという。(ワシントン=小林哲)

==引用==


<モーターヘッドのヘビメタがどんなのか聴いてみた。>

このおっさんが頭振りまくったヘビメタがどんなのかYoutubeで探してみたよ。


http://youtu.be/W4St2JrAaMA

いや、まあ、そんなに激しくもないよね。

この曲がたいしたことないのかな?

リンキンパークとかの方が激しいような。


というか、けっこうおやじバンドだね、モーターヘッド。

(ファンのみなさんごめんなさい)



<頭フリフリ、年寄りの冷や水>

年寄りの冷や水って言葉があるよね。

年甲斐もないことをやって体を痛めちゃう年配の人をいさめる言葉。

これは、夏場に冷たい水を飲み過ぎると、若い人は平気だけど、年よりはお腹を壊す、ってことからできた言葉らしい。


でもこれ、なんと、夏の暑いときに

「隅田川の水をそのまま飲む」

という暑気払いで、年よりは腹を壊す、ということから生まれた言葉らしい。

そらあかんやろ。



ということで、

「年寄りの冷や水」

の新しい言葉で

「50おやじのヘビメタ」

というの、提案したいと思います。



ぶはははははh



スポンサードリンク






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。