So-net無料ブログ作成
検索選択

PRP療法 肘 再生医療 [再生医療]

スポンサードリンク




<自分の細胞の移植だから安心?>

前の記事に上げた、田中将大投手の肘の治療に用いられたPRP療法

Platelet-rich plasma(血小板の濃い血漿)の略でPRPということで、自分の血液を採取して、遠心分離器にかけて、血症の一部(赤血球が沈殿した残りの黄色い液体)の血小板が多く含まれているところを吸い取って注入するというものだ。

ここには血小板がたくさん含まれているので、血小板が産生する増殖因子も様々なものが含まれている。

PDGF platelet-derived growth factor
TGFβ transforming growth factor beta
FGF fibroblast growth factor
IGF1 insulin-like growth factor 1
IGF2 insulin-like growth factor 2
VEGF vascular endothelial growth factor
EGF epidermal growth factor
IL8 Interleukin 8
KGF keratinocyte growth factor
CTGF connective tissue growth factor

少なくとも上に上げたようなものが含まれていることが報告されている。

ちゃんと科学的に評価された査読誌に載っている研究だ。

小保方さんの学位論文とか取り下げられたNATUREの論文とかいう危うさはない。


以上の増殖因子のどれがどこにどう効いているのかということは、人間の体では詳細にはわからないだろう。

しかし、有効であることは明らかである。

肘の炎症やひざの炎症部位にこれを注入することで、回復が、何もしない場合の半分くらいの時間で進むことが報告されている。

速やかに戦列復帰したいスポーツ選手にしてみればありがたい治療だ。


<肌の老化やしわ、たるみの改善にも有効か?>


その一方で、このPRP療法はしわやたるみなどの肌の老化の改善に効果的なのではないかとしても注目されてきた。

実際に美容形成外科のホームページなどでは詳しく報告されている。

PRPの注入前後でのほうれい線やしみの劇的な変化について画像付きで



手軽に出来る「プチ整形」をあなたも体験して見ませんか? 整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」 インターネットで無料診察予約も出来ます。



PRP療法はでも、夢の治療法というわけではない。

上に上げたように、ひじやひざなどの炎症を治し、すみやかに再生させる体の持つ治癒スピードを上げさせることができる方法だ。

しかし、それ単独が万能の若返り療法というわけではない


これはあくまでも、組織の再生、創傷治癒を手助けする補助的な療法である。

だから、若返りの目的で使用する場合でも、レーザー療法とかマッサージとか、そういう皮膚組織の再生を促すような治療法に組み合わせた時に効果を発揮するものだ。

レーザーでのシミやたるみの改善に、2か月かかっていたところを1か月で済ませられる。

そういうたぐいの治療法であると考えておくとよい。


それを納得した上で施術を受けるのであれば、比較的安全で納得のできる美容形成術の一つではないだろうか。


スポンサードリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。