So-net無料ブログ作成
検索選択

このベッドに寝るとなんだか咳が止まらない気がする [アレルギー]

スポンサードリンク




梅雨でジメジメ、なかなか布団もほせません。

それどころか、洗濯物もベランダには干せなくて部屋干しです。

ファブリーズかけまくってるから臭いは何とかなるけど、生乾きの洗濯物から水がしたたり落ちてるんじゃないかってぐらいに湿度が高い。

本棚の進撃の巨人も表紙カバーが曲がってます。


そんな日々が続いているからか、体調悪いんですよね。

特に寝る時間帯になると咳が出だしてなかなか止まらない。

なんとなくだるいし、これ、ひょっとして、折れ、肺がんなんじゃないか、とか思ったりして・・・。



ベッドの下からなんだかかび臭いにおいが漂ってこない?


いつも体調が悪いなと思う寝る時間。

ついついビールを飲みすぎちゃって、ベッドからは一番遠い場所で床で寝てました。


あれ?

変だな?

目が覚めた時のことです。

Tシャツにパンツで寝てたのに、せき込むこともなく眠れてました。


お酒のせいかなと思いながら、軽く歯磨き。

ちゃんと布団で寝なきゃねと思ってベッドに近づいたら咳が出始めました。

布団に横になったらますます咳が出る。

咳をこらえようとうつぶせで耐えてたら、あれ?なんだか?かび臭い気がする。。。


その翌日、久々に晴れたので思い切ってベッドのマットレスを干してみることにしました。

シーツをはがして、敷布団をはがしたら、あれ、なんかマットの色が変。

そーっとマットを持ち上げていたら。




うぎゃああああ!

な、なんじゃこのサイケデリックなもようは!


びっしりとかびが生えていました。

そして、見たと同時に舞い上がる法師にまみれるともう、咳が止まらない、苦しい、

だれかたすけてください~!




過敏性肺炎は家の中のカビが原因のことがあります


ここに書いたシチュエーションは実際に友人から聞いた話を脚色しました。

彼の場合、大学入って2年間、フローリングにマットを直接敷いて、その上に布団を敷いて寝ていたそうですが、4年生のころにものすごくしんどくて、調べてみたらマットの裏が鏡餅の裏みたいになっていて、びっしりカビだったそうです。

それがアレルゲンになってアレルギー性の肺炎。


引っ越してようやく治ったそうです。

引っ越しの時に、フローリングの張替えで敷金が返ってこないどころか、カビ対策でエアコンも交換されて、追徴されたとか。


気密性の高い最近のマンションは、湿度が抜けていく場所がないんですよね。

湿気は重たいので、シタニ下にとたまります。

結果として、マットレスの裏でカビが大繁殖。


めんどうでも、週に1回はマットレスを立てて虫干しをしたいものです。

自分の命にかかわってきますからね。



スポンサードリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。